2017年07月03日

あっという間に7月

今年も半分終わっちまいました。

もはや7月。

忙しさに取り紛れている間にいろんなことがありました。

愉快なことばかりではそりゃないですが

概ね平和なうちに過ごさせて頂きました。

6月23日(金)の沖縄の慰霊の日も、忙しくてお昼に手を合わせるくらいしかできなかった。

うちの会社には神棚があって、祀っている内容は多分商売繁盛なのだろうけどw

わたしは勝手に、色んな節目にそこに行って合掌しています。

日本にとっての節目だと思う日。会社の設立日や会社内外で関わって今は天国に行った人の
命日など。わたしにとってはそこは神社でわたしだけがその周辺を 社内神社 と呼んで
待ち合わせなどに使っておりますw

御神体とかそんなのあるか知りませんw

住吉神社の初詣の時にもらってくるお札とか笹とかそんなのが色々おいてあります。

そこで23日 合掌して席に戻ろうとしてたら ある社員が 誰かの命日とかです?
て聞いてきた。わたしは。。うーん たぶん。命日に関わる日だったと思うよ。
と答えました。続けて

今日は沖縄の抵抗が終わった日 なんだよね。沖縄だけが辛かった時代じゃないけど
民間人の4人に1人が亡くなったり、危ないからって疎開しようとして船ごと沈められちゃったり
ここまで濃厚につらいことがぎゅっと詰まっているのは広島と長崎と沖縄なんじゃないかと
わたしは思うから。何もできないけど合掌することにしてる。と話ました。

その社員はとても不思議そうでしたが、わたしの横に並んで合掌してくれました。

わたしはなんだかとても嬉しくて。不思議なくらいに胸が熱くなりました。

そう。たぶん これが日本人なんだろうと。

知らない事は知らないでしょうがない。でも知ったら、少しでも心を添えようとする。
人が大事にしようとするものを尊重し、理解できなくても尊重する姿勢をとり大事にする。
辛かったこと、悲しかったことであればなおさらね。当事者じゃないとわからないことは
そりゃわからないけど、つらかったろう、悲しかったろう と思いやることはできる。

今年の6/23は忙しさの中にふと日本人を感じた日となりました。
posted by みかのん at 16:04| Comment(2) | TrackBack(0) | みかのん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい話だね。
ミカが女性ってのもあるけど、沖縄でいうヒヌカン(火の神)に似てるなって思ったw
http://www.networkernews.net/benri/hinukan.html
http://butudangoto.com/?p=253

Posted by あっちぃ at 2017年07月03日 16:34
わたしは特に宗教はないけど、家が檀家になってるお寺は好きだし神社も好きだし祈る行為は好きなんだなと最近自覚したw個別に内容は変わるのだけど。共通しているのは「あなたの存在を今もわたしは想いつつそれなりに楽しくやっていますよ。」という内容かない。沖縄の方々のことは、もちろん親族も何もいないのだけれど同じように、皆さんの苦難はわたしは忘れないから。という想いで合掌してます。
ヒヌカン!祈りの文化は色々あるけどどこにでも神様はいる ていう考えはわたしも大好きです。
Posted by みか at 2017年07月03日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451468970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック